物件を探すには

物件を探すには、当然不動産業者を選定しなければならない訳ですが、業者選びと言うのもなかなか悩ましいものです。

詳しい人が知り合いにいれば一番いいのですが、そうでない場合、やはり自力で業者を選ぶしかありません。中には悪質な業者もいます。

軽井沢で別荘を購入していくのは殆どが富裕層です。

お金持ちの人は細かいことをあまり気にしません。そこにつけ込んで不良物件を売りつける業者もいる訳です。

ですので業者を選ぶときは気をつけるようにしなければなりません。一昔前なら、遠方に住んでいながら、軽井沢の物件を探すのはかなり大変なことでしたが、今はインターネットでも楽に物件を探すことができます。

軽井沢に気に入った物件をみつけ、いざ購入すると言うときは、原則まず手付金を入れます。

本来宅建業務上、前金を受け取るのは違反になるのですが、別荘の売買となると話は別です。

これは購入意思を意思表示するためにやっているのです。

最終的には実際に現地に赴いて、物件を自分の目で見てから、そこで契約をすることになります。





中古物件を購入しようとする場合

別荘を購入しようとする場合は、新築の物件を購入するよりも、中古の物件を購入することの方が多いです。

別荘と言うのは必要になる時があれば、いつかはいらなくなるものです。

例えば子供や孫を遊びに来させようと購入したが、孫も大きくなり誰も来なくなっただとか、自分自身も年をとって、別荘まで行くのがしんどくなったと言う場合もあると思います。

別荘もいらなくなれば当然売りに出されます。

ですので軽井沢の不動産は常に流動的なものなのです。

中古物件を購入しようとする場合は、後のトラブルを避けるために気をつけたいことがあります。

最初は気づき難いですが、過ごしてみると湿気が多過ぎるであるとか、周囲に虫が大量に発生するであるとか、知人を招待してわいわいやっていると、近所からのクレームになったりと言うこともあります。

まずはしっかり別荘に欠陥がないかチェックしておかなければなりません。気になったところがあれば、それについてしっかり聞いておくようにしなければなりませんね。特にこのあたりは不動産業者とのやりとりになるわけですが、これについても追々話していきたいと思います。

参照元:軽井沢物件の初心者ガイド



予算1000万円で物件を購入する場合

今日は軽井沢物件に関する話をしていきたいと思います。

軽井沢で別荘の購入を検討しようとするとき、どういった目的で別荘を利用したいのかと言うことや、予算限度額はいくらまでなのかと言うこともありますし、様々な条件を勘案して、じっくりと検討をしなければなりません。目的や予算によっては目ぼしいと思われるエリアも変わってくるのです。

今回は、予算を1000万円くらいで設定した場合で考えてみたいと思います。

この場合でしたら、南軽井沢なんかが良いのではないかと思います。

南軽井沢の代表的な別荘地と言えばレイクニュータウンや丸紅別荘地です。

南軽井沢には湖畔が美しい塩沢湖や、天然養殖の蛍が見られるホタルの里がありますし、美しい自然の景色を満喫することができます。

また南軽井沢ライディングクラブでは乗馬を楽しむことができますし、のんびりと散歩や食事を楽しみたいのでしたら、軽井沢タリアセンと言う複合施設もあります。

南軽井沢には別荘地も多いですが、定住目的の住宅が混在する地域などもあります。





旧三笠ホテルと万平ホテル

今回は軽井沢の観光スポットを紹介したいと思いますが、今日紹介するのは旧三笠ホテルと万平ホテルです。

1906年5月にオープンした三笠ホテルは、1970年まで営業を続けましたが、現在は閉館し、町の観光地の一つとなっています。

入館料を払えば午前9時から午後は17時半まで中を見学して回ることができます。

入館料は400円です。

旧三笠ホテルは国の重要文化財にも指定されていて、「重要文化財・旧三笠ホテル条例」と言う条例まであります。

この旧三笠ホテルは、旧神谷酒造醸造所本館や、上野国際子ども図書館の設計者でもある、岡田時太郎によって設計され、監督を務めたのは佐藤万平と言う人物でした。佐藤万平は軽井沢で初めて洋式ホテルをオープンさせたのですが、その万平ホテルは経営陣が変わりはしたものの、現在も通常営業されているホテルで、万平ホテルの前身となる亀屋旅館から数えれば、250年以上もの歴史があります。

万平ホテルは、ジョン・レノンが生前によく宿泊したホテルでもあり、ジョン・レノン所縁の品も多く展示されています。

一方は閉館し、もう一方は今も営業しているホテルですが、どちらも軽井沢の歴史を感じられるホテルだと思いますので、観光スポットとしてはお勧めです。





自然と温泉を楽しめるエリア

さて今回は軽井沢のエリアをご紹介したいと思います。

軽井沢には複数のエリアがあり、ご紹介したいエリアはたくさんあるのですが、私がその中から今回ご紹介したいと思いますのは、ズバリ星野エリアです。

軽井沢通の方なら一度は行ってみたことがあると思いますが、この星野エリアは1915年にできた天然温泉「星野温泉」が有名で、温泉に浸かりながら四季折々の自然の情景を満喫できるだけでなく、近くには広大な野鳥の森が広がっており、この野鳥の森では、数十種類以上にもなる野鳥を観察することができます。

自然いっぱいで緑豊かな星野エリアは、古くから文化人にも親しまれて来ましたが、島崎藤村や北原白秋などの有名な作家も、度々執筆活動のためにこの地に滞在しました。また現在ではアートや雑貨などのお店が軒を連ね、モダンでお洒落なスポットにもなっており、ハルニレテラスなどは正にその象徴で、若い方にとても人気があります。

ぜひ軽井沢に来られるなら、一度は星野に足を運んで頂きたいと思います。

もちろん別荘購入をお考えの方は、候補のひとつに入れても良いと思います。